最初のしつけはトイレのしつけ

一般的にトイレといえば、ペットが決まった場所で大便や小便をすることですし、トイレのしつけは、初期段階で教え込む必要があることはお分かりでしょう。
チワワを飼うようになって、最初のしつけはトイレのしつけではないかと考えます。チワワにも、いろんなタイプの小犬がいるのは当たり前ですから、特に心配などしないで平常心でしつけていくべきだと思います。
トイレ訓練や噛み癖の矯正など、子犬の時期にあれこれきっちりとしつけを身に付けさせて成長するように、オーナーが犬たちを教え込んでください。
通常犬が噛むのは、ほぼ例外なく脅かしたり体罰を与えるしつけ、甘やかし過ぎたための主従関係の反転が原因であると考えられます。みなさんは以前、幼いころの甘噛みを見過ごしていたとは考えられませんか。
無駄吠えが少ない上、人になつきやすいし、飼いやすいラブラドール犬なのですが、サイズとしては大きい犬ですから、主従を学ぶしつけを大事に、様々なしつけも最初からしていきましょう。
無駄吠えという行為は、文字通り吠える必要性のない時に吠えること、または、飼い主が吠えたら困る際に吠える行動になりますので、是非矯正させたいと思います。
ベーシックなしつけをうけていなければ、散歩の際にも主人を引っ張ったり吠え癖が出たり、様々なトラブルが多いでしょう。これは、上下の立場が逆転して築かれたからです。
プルーフィングが不完全だと、自分の家だとやたらに吠えないとしても、外に出た際に、なくなったと思った無駄吠えが再現されるという事態も起こるらしいです。
基本的に、ただわがままに育てず、子犬のころからしつけをしさえすれば、柴犬ほどに飼い主に従う犬はいないかも、というくらい飼い主の指示に従ってくれます。
噛む犬をしつける時に、噛まれたくないからできない、というようなケースがあるだろうと思います。または、激怒したり驚いたりして、飼い犬に体罰を与えたことだってあるのではないでしょうか。
もしも、犬のしつけに悩んでいる人は、しつけの方法をちゃんと理解してから、柴犬など犬種別の独自の性質を見極めることが大切じゃないでしょうか。
通常では、ルールが存在するような遊びといったものは、ラブラドール犬のしつけにぴったりです。ラブラドール犬と飼い主が息もぴったりに積極的に、非常に多くを学べると思います。
世の中にはかわいさから、飼っている人も多いミニチュアダックスフンドの子犬をもらって飼い始めたまではいいけれど、愛犬のしつけの仕方は知らないといった話なんかを幾度も聞いたりします。
誤らずにしつけるべきでしょう。中でも、ミニチュアダックスフンドのしつけに関して重要なポイントは、腕白な性格のことを、できるだけ分かってあげることだそうです。
お散歩、餌を食べることなど、犬が嬉しい時間や行動はそれ自体がご褒美です。これらのイベントを行う前にトイレのしつけ練習を試すのもいいと思います。

購入はこちら⇒スキッパーキ

コメントを残す

Theme: Overlay by Kaira Extra Text
Cape Town, South Africa